生命資源産業コンプレックスで
人と地球を守ります

新たな市場、地域産業と世界をつなぐ経営マネジメントを追及します

日本はかつて創意工夫の国民性により、脈々と先人の努力を受け継ぎ、大きな発展を遂げてきました。 工夫に満ちた取り組みによる高い水準を備えた農林水産全般に渡る地域生産物をはじめ、文化的背景に裏打ちされた美しい伝統工芸品など、地域に根差したそれらの価値ある資源をさらに有効活用することで、地域拠点に新たな命を吹きこむエンジニアリングが今こそ必要とされています。

これからのポストコロナ時代は、5G通信の導入によるデジタル化がますます促進され、IoTやAI技術の分野でも急激な進化とイノベーションが否応なく進んでいくことでしょう。従来領域においても多くの産業が成長するうえで、世界市場との競争が激化するといわれています。

当社は生命資源を用いた異業種統合技術により、その地域の資源ポジションを最適化するコンプレックス拠点を多数創出し、次世代に期待されるダブルマーケットイン(生産者・消費者)事業を構築・普及することで、デジタル時代に成長性が期待される産業モデルを積極的に創出していきます。

私たちが取り組むグローバルビジネスと領域について

生命資源産業コンプレックスの構築

個人から家族、地域社会へ連動するオーバーオール・ストラテジー

地域資源を最適化活用する地域活性化事業として、統合的にも単元的にも、多様かつ知的な文化を礎とした消費活動の醸成、雇用を最大化するブランド戦略、IoT活用、ビッグデータ、AIを駆使したデジタルトランスフォーメーションを提案します。

step-one
01
step-two
02
step-four
03

生命を守る自然資源へのこだわり

天然資源の再利用による安心・安全な生命環境の改善対策

私たちJSC総研は、生命産業コンプレックスの創出を目標とした新たなビジネスモデルの提案とマネジメントサポートにより、生産人口の減少などで困窮する地域の産業創出や甚大な被害を受けた被災地の復興などで、地域活性化ソリューションを提案してまいります。

私たちのこだわりは、そこに生きる人々の生命の健康を守り、より良い生活環境を再構築することであり、さらにはできるだけ石化化合物や化学物質などの利用を減らし、これからの世界に害をなさない方法で、それを実現することにあります。

これからも私たちの考え方に賛同していただける皆さまと一緒に、人と地球を守ることを目標とした事業展開に邁進していきます。